パーキンソン病治療の患者様のお声

  1. S・K様(75歳 男性)

    昨年12月にパーキンソンと医師に診断され特に治療(クスリ等)などいっさいなく、歩行はつまずきがちで10~15分位しか歩けなく、一二回の転倒もあり毎日散歩に行っても改善なくただただ不安で暗い気持ちでした。
    8月にインターネットでパーキンソンを検索したら「あいわ鍼灸治療院」の紹介があり早速申し込み、1クルー12回のはり治療をはじめました。1回目から体に違いを感じました。とても歩いて通えないので、週2回、往復タクシーで通院しました。でも5回目頃から家の回りを自分一人で散歩も出来るようになり、6回目からは名鉄電車で30分、地下鉄で20分と地下鉄一社の駅から急な坂を登り降りして500mを歩いて通っています。これもリハビリと思ってがんばっています。
    自分でもこのように歩けるようになって、夢のようです。今は万歩計をつけて1日2回6千歩を目標に歩いています。はり治療のおかげです。今は2クルーの中程ですが、はりの力ってすごい!と実感。感謝しています。

  2. S・I様(81歳 男性)

    実はこちらの鍼灸治療院へ通う前に入院していました。退院後も不安な生活をしておりました。散歩もままならず車椅子が必要かも...と考えていたくらいです。
    インターネットで調べ見つけたあいわ鍼灸治療院! パーキンソンのコース、そして「私たちはあきらめません」の言葉を信じて治療をしていただくことに決めました。
    通院わずか2回目でどんどん元気になり、今では一人で散歩が出来る様になりました。手の振え、呂律も快全されました。本当に感謝しかありません。

  3. K・M様(67歳 男性)

    病気になって2年になりますが、私の場合筋肉にきて歩行が止まったり変わった歩き方でした。

    ネット上であいわ鍼灸治療院を見つけ改善できたらとの思いで・・・・。

    7回目ですが少しずつ変化があります。

    歩き方もすごく改善してきています。今後の経過に期待したいです!

    先生方のやさしさに感謝しております。

  4. T・K様(61歳 女性)

    私は昨年の11月からお世話になっております。
    とにかく足の震えがひどく、外食時はテーブルが揺れたり両足がバタバタしました。
    そんな状態でしたから外出もあまりしなくなりました。

    それが突然ではなく、少しずつ震えが治まり、外食しても震えないことが多くなりました。

    震えても小さく、やがて治まります。

    子供達も「震えが少なくなったね」と言ってくれました。

    椅子の立ったり座ったりも改善されました。

    一人でお風呂に入るのもとても困難で苦労しましたが、今では何の問題もなく入ることが出来ます。
    ありがとうございます。

  5. M・S様(52歳 男性)

    病気の症状を自覚してから7年ほど経ち、仕事を休業する状態になっていた頃、何か症状を改善する方法はないかとネット検索していたのですが、鍼治療がいいような情報がいくつか出てきました。

    名古屋でパーキンソンの鍼治療をする所を調べたところ、あいわ鍼灸治療院のホームページを見つけ、これをきっかけに通うようになりました。
    通い始めてしばらくは、余り変化を感じませんでしたが、鍼治療に加えて血行を良くする電位治療、毎日のウォーキングとストレッチを続ける事により、薬が切れる時間帯が短くなり、前のめりだった姿勢も改善され、症状が出始めた左手の動きをはじめ体全体の動きが良くなって来ました。私の周りの人たちも鍼治療する前と今とでは、動きも姿勢も全然違うと言ってくれています。
    ここまで来るのに半年以上の時間がかかっていますが、症状に応じた治療方法を考えて頂いていて、その効果が少しずつ実感できるのでお世話になって良かったなと思っています。
    院長、スタッフの皆さんが、親切で相談しやすい雰囲気もいいですね。
    これからもよろしくお願いします。